終日企画

“自称物書き”のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

味なおし


 忘却録音と一緒に借りていたクレヨンしんちゃんの映画を見た。
 記念すべき第一作目。アクション仮面VSハイグレ魔王。
 いやぁ、結構内容覚えているもんで、次のセリフとか結構出てくる出てくる。
 リアルガキの頃、リアルで見ていた世代としては、このころのしんちゃんが一番楽しかったと思う。
 昔も今も変わらないのが、子供だけでなく大人が見ても面白いというところ。
 あの馬鹿馬鹿しさが懐かしく、そしてくだらないからこそ楽しい。
 なんといってもテンポがよい。
 一時間半という枠の使い方が巧く、ダラけることなく終わりまで見れる。
 変なメッセージ性がないため、なにかを感じ取るとかいらず、単純にクレヨンしんちゃんという作品を楽しませてくれる。
 本当の娯楽であるため、あっさり見れて疲れないのがよい。
 これでなかなかアクションの面もしっかりしていて、アクション仮面とハイグレ魔王の戦いは、
 同等の実力者同士の戦いという感じがよい。
 お約束の劣勢や、正義のヒーローとしての在り方など、アクション仮面というか、正義の味方という題材の料理の仕方が最高。
 
 暇なとき
     あっさり見れる
            よい映画         カイリ。

 
 さて、昨今のくだらない話でもしよう。

 クオリティが高いのは良いよね。それだけで見栄えが良いし、あぁ見てみようって気にさせる。
 が、俺みたいに穿った物の見方しかしない人間からすれば、そんなんじゃ見る価値はない。
 昔はあった。CMや次回予告を見て、本当に背中に電流が走ることが。
 しかし、その感覚はここ数年味わったことはない。
 なんつーか、長時間スクリーンを見続けるのが疲れるというのが、一番の理由だが。
 正直な話、二時間とか飽きる。
 作り手が、見る側に与えたい印象。伝えたいメッセージを、見る側が理解するのに二時間も本当に必要なのか?
 よく、今の漫画と昔の漫画を比べ、昔が良かったという人は多いのだが(同じ漫画というジャンルではあるが、時代の差とかあるため、本当は比べること自体が無駄)、それは何故か?
 今の作品は曲がりくどい。
 昔の作品は直球。
 それだけの話し。
 良し悪しという話しではない。
 たとえば、曲がりくどくすることで、読者の期待感を煽り、購買意欲を掻き立てることは、それを売って、読ませる側の人間としては必要不可欠なことである。
 だからこそ、曲がりくどく描くことが悪いとは言わない。
 が、じゃあ、連載中の似たような作品の、大半がそれをやったら読み手側はどうなるか?
 雑誌を買って、巻頭の作品を読む。期待感を持つ。次の作品、また期待感を煽る。また、またまたまたまた。
 ここまで来ると疲れてくる。
 正直、昔の漫画を読んでいた側としては、これはひどく疲れる。
 とくに、現在のジャンプ漫画とかその色が強い気がする。
 煽る、煽って、煽りまくり、終わったと思った瞬間にまた煽り。これは正直良くない。
 昔の漫画を考えると、多少の煽りは入れる。だが、それは次の展開への壮大な煽りではない。
 倒せない強敵を、まさかあいつが! というような見出しで煽るぐらいの煽り。
 基本は、短いながらもちゃんと完結させる。テンポが良い。だから読みやすい。
 それと、一ページの情報量の多さ。
 といっても、セリフが長いとか、そういうことではない(多少はそういう漫画もある)。
 なんつーか、キャラクター以上に書き込まれた背景とかさ、あれはもうキャラクターを食ってるよね。
 あっさりしてほしい。
 リアルすぎるほどの背景とか書き込んである漫画あるけど、別にそんなの見たくないから。
 雄大な自然とか、巨大な人工物とか、そういったもんはネットで写真とかあさるよ。
 そんなところに時間かけるなら、内容に詰めろよ。
 とまぁ、背景とかってアシさんの仕事だろうから、ここらへんは適当に読み流してほしい。
 いっぱい描くことで、線の上達になったりするんだもんね。
 がんばれ。
 
 
 双子の感想でも。
 最終回。
 マジシャン生きてましたね。やつの能力自体は、本当のマジック(魔法という意味での?)をすることだから、生きていても不思議ではない。
 中間管理職のメガネ。最後の最後で全部持っていきやがった。
銭方「やつはとんでもないものを盗んで行きました。貴方の心です」
 そんな感じ。全部持ってかれた。
 正直賛否両論な終わり方のような気もしないが、結局はなんの解決にもなってないバットエンドですね。
 ただ、蘇芳なんだけど、最後の最後、すべてを忘れてしまった筈の彼女が、よりどころにしていた黒の名前を呼んだこと。それだけが、何一つ本物をもっていなかった彼女の、ただ一つの本物だったんだろう。
 一つ、一つだけ言わせてほしいのが。
 蘇芳に関してはそれでいいが、物語をちゃんと完結させてない最悪の終わり方しやがった。
 説明不足どころの話しじゃねぇ、これではい終わりです。続きはありませんてなことならふざけるなという話し。
 が、主人公は蘇芳なんで、一応蘇芳の旅が終わりを迎えたのなら、あれはあれでよかったとも思う。


 だがなっ! 俺は黒のためにDTBを見ていたので、これは正直微妙でしたっ!


雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

空の境界 第六章 忘却録音感想


見た、以下感想。ネタバレはあり。






微妙。レンタルでよかった。購入は、コレクターと狂信者は買えばいいんではないだろうか?
シナリオ自体の改変は別によい。
尺の問題とかいろいろあるだろうから。
総合点、自己満足度は三十点。
なんつーか、この制作会社はfateを作ればすごいおもしろかったと思う。
鮮花がかわいいのはいいんだ。もともと。きのこ氏の今でいう萌えの具現だから。
が、だからといって媚び諂うようなキャラづけは駄目すぎる。
原作を何度も読んで固めていった俺の鮮花像を否定しまくり。
まぁ、こういうのが求められたのなら仕方がないのかもしれんが、正直一番最初の振り返ってウインクで見る気が失せた。
ゴトーワードの声が合わない。
映像表現がちょっと。
最後の戦闘シーンもちょっと。
説明不足。
犬の名前がアキラ、だと……。まぁよし。
正月に帰省したときの鮮花はよし。



正直、これを見て「ブラボー! おぉ、ブラボー!」と拍手喝采は不可能。
まぁ、興味ある方は見てみるとよい。っても、出てからだいぶたってるからみんな見てるよね?

型月 | コメント:0 | トラックバック:0 |

FF13だが


ここでネタバレしてやるぜっ! ぎゃあああああああ、やめぇてぇぇぇぇぇ、ネタバレだけはぁ! ネタバレだけはぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ。









犯人はヤス(ぇ

FF13だが…の続きを読む
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんか、結構人来てくれて泣いた


ジャイアントロボとかSS系で検索して来てくれた人は、かなり嬉しい。
しかもエスプガルーダのSS。スクリーンショットだったら恥ずかしいなっ!
エスプのSSは、冒頭書いたのがあるけど、完成してないんで載せるかは微妙ですが、
年始になる前に、なにかしらの短編は上げたいと思います。
が、型月系で行くかは微妙。
いやだって、新作でねぇし、DDDの新刊でねぇし、きのこゲームばっかやってるみたいだし。
エロゲメーカーでありながら、数年に一本で食っていける型月万歳。
ときたま、発売日を数年後にずらすアゲ的な会社もありますけどねー。

さて、流星の感想とか、他いろいろなヨタならぬ、オタ話でも一つ。

なんか、結構人来てくれて泣いた…の続きを読む
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初心にかえって


漫画とかアニメの話でもしてみるか(なぜ?

初心にかえって…の続きを読む
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。