終日企画

“自称物書き”のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

前哨戦



 月とは違う光源が夜空にあるが、街の人間はだれ一人としてそれに気がつかない。
 人々には世界は変わらぬようにしか映らず、自分たちがいまどういった状況下にいるのかも理解してない。
 噂話がある。
 異形の怪物の噂。
 体内から血液が失われた死体の噂。
 街を徘徊する殺人鬼の噂。
 都市伝説としてしか語られないそんな話が、街中の人間の間で実しやかなに囁かれだしたのが何時のころなのか。
 話している本人も、話を聞く人たちにもわからない。
 ただ、いつのまにか、漠然とした印象が自分のなかにあり、それを口に出すことで互いの印象が結びついて噂が現実味を帯びていった。
 そうして、ただの噂が現実を侵食する。

 AM 01:30 海浜公園

 一定の間隔で配置された街灯のみが光源であるその場所は、時間が時間だけに人気というものが微塵も感じられない。
 昼間、それも休日ともなれば人々の憩いの場にもなるが、それが遠い空想の光景にも感じられる。
 そんな場所にただ一つの人影がある。
「……皆殺し、ですか」
 人影は広場の中心に立つと、物騒な言葉を呟いた。
 地面は煉瓦敷きであり、街灯に照らされた地面には、大小様々な黒点が広い範囲で煉瓦敷きの地面を汚している。
 この国で普通に生きてきた人間にとって、人影が呟いた言葉に現実味を帯びることは難しい。
 だが、屈んでその黒点を指でなぞれば、それだけで皆殺しという言葉が現実なのだと理解できるだろう。
 それは明らかに血液だった。
 それも、地面を汚してからそれほど時間は経っていないのか、血液は凝固せず、温かみさえ感じられる。
 人影はそのことも含めて現状を確認し終えると、ずっと自分を見つめていた遠くの誰かを睨みつけた。
 広場から人影が消える。
 ついで空気を震わすのは、鉄と鉄がぶつかり、弾ける甲高い音。
 常人では理解しえない領域での戦闘行為。
 流れ弾が幾つかの街灯を粉砕する。
 流れ弾――刺突、投擲用の礼装である黒鍵が街灯を、地面を穿ち、敵をも貫くために十、二十、三十と次々に撃ちだされる。
 それはガトリングの如き連続一斉掃射。
 が、点ではなく、もはや面としての攻撃と化している黒鍵の投擲をもっても、その相手への決定打どころか、隙を誘発させるための囮にさえならない。
 経験ではなく、根本的に実力が違う。
 黒鍵の主とその相手では、基本性能に覆せない差がある。
 だからこそ、黒鍵の主は勝利することを放棄し、次へ繋ぐための布石を打つ。
 相手へ向けて撃ちだされ続けた黒鍵が、相手などいない見当違いの場所へと放たれた。
 それは広場に点在するいくつかの樹木。
 黒鍵が樹木に突き刺さった瞬間、樹木は突然の炎にまかれ炎上する。
 広場に上がる炎の柱、そして空にあがる黒煙。
 こうなってしまっては、すぐにでも大勢の人間が集まってくる。
 これで、この場の戦闘行為は終結した。
 黒鍵の主と相対していた何者かがその場を去ったのを確認して、黒鍵の主は事後処理を開始する。
 遠くからはサイレンの音。炎を見た近隣の住民が通報したのだろう。
 とりあえず、消防車やパトカー、野次馬が集まる前に、黒鍵の主は事後処理を終えるとその場を後にする。

 戦線を離脱し、自身にとってもっとも優れた狩場に戻った弓兵は、遠くに見える炎が消えたのを確認して背後を振り返る。
 そこには見慣れた少女の姿があった。
「どうだったアーチャー?」
 自分のマスターである少女にそう問われ、弓兵は先ほど対峙した敵を思い出す。
「どうもこうもだな。この街の魔術師でアレを抑えきれるのは彼女ぐらいのものだろう。それも、七、三と見たがね」
 つまり、少女では戦闘にもならないと、弓兵のサーヴァントは告げた。
「得物から考えれば教会の代行者だろう。教会のシスターの言っていた者で間違いない」
「教会の代行者か……ならカレンの言っていたことは本当ね」
 少女は広く、街の全景を見つめる。
「あぁ、どうやら冬木に鬼が紛れ込んだ」
















ってわけで久々の型月SSどえす。
続ける気はありますが、どうでしょうね、遅筆なんで簡便してください。
つうか、DDDはいつでるんですかねー。

スポンサーサイト
型月 | コメント:1 | トラックバック:0 |

空の境界 第六章 忘却録音感想


見た、以下感想。ネタバレはあり。






微妙。レンタルでよかった。購入は、コレクターと狂信者は買えばいいんではないだろうか?
シナリオ自体の改変は別によい。
尺の問題とかいろいろあるだろうから。
総合点、自己満足度は三十点。
なんつーか、この制作会社はfateを作ればすごいおもしろかったと思う。
鮮花がかわいいのはいいんだ。もともと。きのこ氏の今でいう萌えの具現だから。
が、だからといって媚び諂うようなキャラづけは駄目すぎる。
原作を何度も読んで固めていった俺の鮮花像を否定しまくり。
まぁ、こういうのが求められたのなら仕方がないのかもしれんが、正直一番最初の振り返ってウインクで見る気が失せた。
ゴトーワードの声が合わない。
映像表現がちょっと。
最後の戦闘シーンもちょっと。
説明不足。
犬の名前がアキラ、だと……。まぁよし。
正月に帰省したときの鮮花はよし。



正直、これを見て「ブラボー! おぉ、ブラボー!」と拍手喝采は不可能。
まぁ、興味ある方は見てみるとよい。っても、出てからだいぶたってるからみんな見てるよね?

型月 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一章 登場人物紹介 3/5


 大きな路地から小さな路地へ。
 回りをビルに囲まれ、直接星の明かりさえも入らない暗い路地の奥。
 三方に壁があり、まるで摩天楼のようになった路地裏の小さな空間。
 衛宮志郎はそこで、昨夜見た殺人鬼と対峙する。

一章 登場人物紹介 3/5…の続きを読む
型月 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一章 登場人物紹介 2/5


 高い場所に影があった。
 新都のビル群の中でも、頭一つ高いビルの屋上。
 赤い聖骸布を風に揺らすのは、第五次聖杯戦争で呼ばれた弓兵の英霊だ。
「――――」
 なにかを思考するように、瞳は開いているがどこにも意識を割いていない。
 それが、見知った顔を人中に見て意識を起こす。
「ふん。相も変わらずご苦労な事だな。何を探しているか知らんが、事の発端を突きとめる気であるなら目線が低すぎる」
 そうして弓兵は空を見た。
 燦々と輝く太陽。今は見えないが、夜にはそこにあるもう一つの星を幻視する。
「凛も動き出した。私も、動き出すとしよう……」
 弓兵の肉体が虚空に紛れる。
 肉体を霊体化する寸前。アーチャーは、自分を見ていた誰かを睨みつけた。
 
 肉体が消失するのを確認してから、彼女は双眼鏡を下した。
「うーん。この距離で気がつくんですか。それにしても見逃してくれた? 私に敵意がなかったからか、それとも対するに値しなかったのか」
 やれやれと頭をかく。甘く見られたのだったら癪に障るが、思考よりも直観が告げる。とりあえず救われた、と。
「まぁとりあえず。この辺りの地形は把握しましたし、この地の教会で担当者から話を聞く必要があるんですが……」
 ビルに上る前。風情のある喫茶店の前で嗅いだ香りが脳裏を埋め尽くす。
「まぁ、夜の巡回の前でもいいですね。お腹が減ってはなんとやらですし」
 と、仕事よりも欲求を優先するために、カソックを翻してビルの中に消えた。


一章 登場人物紹介 2/5…の続きを読む
型月 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一章 登場人物紹介 1/5


 虚空の果て。
 月に近いその場所に、地上からは見えない虚ろな庭園がある。
 闇に閉ざされたその場所は、生命の胎動のように揺らぎが生まれる。
「ふむ。まさに胎盤と言うところか」
 闇の中に声が浸透する。
 音ではなく思念。
「―――わかっている。この身をカクリヨから拾い上げたのは貴様だ。
 死と対峙した私に二度目を与えてくれた貴様の誕生は、我々が祝福してやる」
 声が消える。
 闇が胎動を続ける。
 まるで歓喜に噎び泣くように。

一章 登場人物紹介 1/5…の続きを読む
型月 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。